「ほっ」と。キャンペーン

MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

AUS旅の新ブログできましたので、お知らせ。

皆様こんばんは。
無事シドニー入りしたちるじろうです。
久々の海外の空気、迷路みたいなバッパーの気怠さ。
すでにすっかり"沈没"しそうです笑
まぁ、あんまりカツカツせず、やっていこうかなと思います。


さて、表題の件ですが、新しいブログ、というかHPができましたので
(・・まだコンテンツあまりないし、リンクも全然ですが;)
公開します。

今後の更新はすべて新ブログで行いますので
よろしければブックマークに追加していただけますか。
お願いします。

長いものでこのMANUKAも、学生時代からだから5年くらい続いたのかな?
つたない文を読んでくださってた方々、改めてお礼もうしあげます。
ありがとうございました。

新ブログ↓

「full life -自転車で世界を旅する-」


今後の連絡はchirenmino0715@yahoo.comまで。
[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-12-06 18:40 | 自転車@地球一周

オーストラリアへ行ってきます

やっとこの日が!
待ちに待ちに待ちに待ちに・・・待った、出発の日。

明日からチャリで一日100kmこいで成田空港に向かいます。
12月3日夜フライト、4日の昼にシドニーに着く予定です。
オーストラリア大陸を1年ー2年かけてチャリで一周。その先はまた考えます。

とりあえず、成田まで460kmくらい。できるんか?それ(苦笑)
荷物を満載して、しぬほど重いチャリと、これから仲良くやっていかねばなりません。


新ブログも、予言通り(?)間に合わず@
もうしばらくお待ちください。出発に際しての決意書も、そこで公開する予定です。

****

取り急ぎな更新になっちゃいましたが。。

ひとつだけ今、どうしてもいいたいのは、


このたびは、自分ひとりのものでは決してないということ。


いろんな人に送別会をひらいていただいて、少なからぬ選別やお守りもいただき、

会う人みんなから、温かい言葉をいただいた。

ほんとう、涙がでるほどうれしかった。心から、ありがとうございます。

ちるじろうの周りにいる、こんな心ある方々の、期待や心配も、

一緒に自転車に乗せているんだなと思っています。

がんばんなきゃ。そして、楽しまなきゃ。

みんなみんなありがとう。いってきまーす

(チャリぱくられたりして速攻で帰ってきたとしても、あったかく迎えてやってくださいね笑)
[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-11-28 23:44 | 自転車@地球一周

写真でつづる山小屋生活―11月~下山~

11月――
思えば寒さとの戦いだった。
気温計はマイナス11度を指し、稜線上の猛烈な風をあびると体感気温は相当なものだった。
本日の最高気温マイナス7度です―なんていうと笑えないが、
意外とそこにいれば、体が慣れてなんとでも無くなってしまうから不思議だ。

猛吹雪が止んだ翌朝ほど、美しいものはない。
キンと冷えた空気の中で夢中でシャッターを押した。
定期的に室内の暖炉にくっつきくっつきの撮影は、なんとも面白かったな。


①新雪の北岳
e0041624_052032.jpg


②氷をまとう高山植物
e0041624_062914.jpg


③朝日を浴びる富士
e0041624_07875.jpg


④テントと富士
e0041624_074994.jpg


⑤エビのシッポが食べたい放題
e0041624_082399.jpg

・・・猛吹雪が去った翌朝、寝泊りしている宿泊棟の側面に、びっしりと
エビのシッポがついていた。その長さ、最長では20cmくらい!
そうそうお目にかかれるものではない。

⑥エビのシッポ
e0041624_010342.jpg

・・・定規替わりに手を並べてみる。
稜線上の高山植物やハイマツは、こんなところで生きているのか。
改めて、物言わぬ彼らに敬意を抱く。
[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-11-26 00:02 | 山小屋アルバイト

写真でつづる山小屋生活―10月~秋晴れの日々~

①光と富士
e0041624_23421214.jpg


②秋の贈り物
e0041624_23424470.jpg


③苔とナナカマド
e0041624_23432416.jpg


④燃える中央アルプス
e0041624_2344681.jpg


⑤紅葉と北岳(二俣分岐より)
e0041624_23445670.jpg


****

このブログでの更新もあとわずか
出発までの、駆け込み更新です笑
[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-11-25 23:45 | 山小屋アルバイト

写真でつづる山小屋生活―9月~赤色黄色、ときどき黄金~

①ブロッケン現象
思えば9月はこの現象が多かった。
山の上でしか見られない貴重な現象、「ブロッケン」。
稜線上で、太陽が射し、足元に広がる雲に自分の影がうつるとき、
その影は周りに虹がかかったように映る。
虹をまとった自分の影を見ると、ちょっと神様にでもなったよう。
余談だが写真に写るテントは、ちるじろうの住処。
わずか2カ月のテント生活だったけど、こんなに素敵な住所もなかったと今でも思う。
e0041624_13114381.jpg


②チングルマの"ふわふわ"
夏に白い花を咲かせるチングルマ。
秋になると装い新たに、登山客を楽しませてくれる。
e0041624_13115467.jpg


③稜線上のウラシマツツジ
9月のある時期、稜線上は真っ赤に染まる
e0041624_1313189.jpg


④ウラシマツツジ
e0041624_13135242.jpg


⑤黄金色の空
9月24日。
間違いなく今年のシーズンで1,2を争う夕焼けだった。
(※レタッチはしてません。みたまんま。)
e0041624_1314289.jpg


⑥葉っぱ?いやいや飛べるんです
ときどき夜になると街灯に誘われてやってきた、名も知らない蛾くん。
"枯れ葉の翼"を広げ羽ばたくと、鮮やかなオレンジが広がる。
e0041624_13173881.jpg


⑦おまけ
枯れた花も、きれいだ。
高山植物たちは、夏の短さを知っている。
シーズンを通して、見事なバトンワークで、次々にさまざまな花が咲いた。
バトンを手放すと、種を残し、土に戻ってゆく。
e0041624_13202078.jpg

[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-11-22 13:20 | 山小屋アルバイト