MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

写真でつづる山小屋生活―7月~雲の上のお花畑~

7月――

白馬岳と並んで希少な植物が豊富に咲くことから、"高山植物の宝庫"と言われる北岳。
連日のように、その"高嶺の花"を目当てに登山客が押しよせた。
6月下旬に登山バスも開通し、いよいよシーズンが幕をあけたのだ。

そしてお花畑が広がりはじめる北岳はシーズン幕開けそうそう、「ピーク」を迎える。
休日ともなれば小屋も外のテン場も、足の踏み場もないほどの人出となった。
150人収容の山小屋に、テント組も含めて最大で500人は泊ったはずだ。

収容人数をはるかに超えた宿泊客を受け入れる――いちバイトとしてはこれほど大変なことはない。
朝は3時台に起きて、夜は20時まで接客と食事の嵐。
お客さんのほうも、本来4人のスペースに6人が寝たのだから、きっと大変だったろう。

しかし、そんな小屋の喧騒をよそに、残雪も少なくなった7月の北岳は、静かに、
彩りゆたかな"お花畑"を身にまとう。
標高3000mの雲の上に広がる――それは"楽園"そのものだった。

①登山もピーク
e0041624_0221542.jpg


②「チョウノスケソウとオヤマノエンドウ」
e0041624_023775.jpg


③登山道とお花畑(ハクサンイチゲ)
e0041624_0262916.jpg


④残雪の残る尾根
e0041624_024129.jpg


⑤北岳を仰ぐ
e0041624_0243665.jpg


⑥駆けあげる
e0041624_0271149.jpg


⑦夏の雲①
e0041624_028233.jpg


⑧夏の雲②
e0041624_0281740.jpg

[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-11-11 00:20 | 山小屋アルバイト