MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

ツバル・旅のキロク 『切手』

e0041624_2354834.jpg


ツバルという国の外貨獲得に、記念切手が大きく貢献していることは割りと有名な話だ。

コレクターが欲しがると言うその切手がどのようなものか見たかったのと、ついでに自分の唯一のツバル土産にしようと思い、買いに出かけた。

記念切手を売っている建物は空港の南200mくらいのところにある。国立図書館のすぐ側だから分かりやすい。店内には机の上に番号をつけた切手が並べられ、風で飛ばないように透明なシートがかけてある。訪問客は、その切手をゆっくり吟味し、欲しい切手の番号を店員に伝えればいいのだ。

「吟味する」、と書いたのは、想像以上にその種類が豊富だったからだ。長机4台にところ狭しと切手が並べられている、といえばその豊富さが想像できるのではないだろうか。
どんなものがあるか。こればかりは見てのお楽しみにしていただきたい。
種類も豊富、内容充実、値段もお手ごろなので、お土産には本当にもってこいだ。たかが切手の発行が一国の大きな外貨獲得手段だと聞いて腑に落ちない所があったのだが、実際この目で見ると、なるほど納得させられてしまった。切手にまったく興味の無い自分も、思わず気に入ったのをいくつも買ってしまったほどだ。

ちなみに、何も知らなかったおれは最初、切手を求めに郵便局へ行った(笑)。切手といえば郵便局。あまりに単純すぎる。そこで記念切手と思い込んで普通の切手を結構な値段分買い込んでしまったのだが、その普通の切手も存外悪くは無いことを付け加えておこう。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-04-18 23:05 | ツバル - 徒然なるままにー