MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:英語学習のあしあと( 10 )

TOEICの結果が返ってきた。。

TOEICのスコアがオンラインで帰ってきた。
やっぱりちょっとドキドキしつつ、公式ページからログインして「結果表示」をクリックして・・・

今までのスコアもさらしてきたので、
今回も掲載しておきます。

結果→

第153回(2010.03.14実施)TOEICテスト

Listening:410
Reading:350

TOTAL:760



一言で表現、「あれ?」という印象を受けた。
正直、今回のスコアをどう捉えていいのかわからない。


前回(2007年)は785点だった。
3年"英語未使用"のブランクを経ても、同じレベルのスコア。
英語をがっつり勉強していたわけでもないし、ましてやTOEIC対策をしたわけでもない。

やってたことといえば、毎日少量の会話文をシャドーイングと、
NZで買ったTIRI島の本を少しずつ読んでいるくらいだ。
あ、あと英会話も週一回。

英語は、意外と頭から抜けていかないものなのか?

このスコアは俺に何を伝えたいのだろう。

単純に、「もっと本気でやんなさい」、ということかな(苦笑)
やりゃもっとできるのに、、と!?(なんてー好都合な解釈?笑)

******


――もちろん、やる。けれど..


*****


正直、いま迷いがあって

英語をものにするには、人生上のどこかのステージで
必ず「集中的に英語に苦労する」時期がいると思っている。(つまり、学校に通うなど)
海外で少しでも働いてみたいと思うのなから尚更だ。
その期間を、どういうかたちで、どこに設置したらいいのだろう、という迷いがあるのだ。

「今の自分にやれることは全部やった」
英語の未熟なまま旅に出て、このセリフを使ってしまうこと。
それは、自分の人生に対して無責任であるとも言えないか。
このセリフは、翻せば必要な努力をしなかった自分を肯定することになってしまわないか。

とは言え、英語にしぬほど本気で取り組むには、
やはり「それを使って何がしたいのか」。これがどうしても必要なのだ。
具体化させなければ。
これは20代の自分に課された、大きな仕事のひとつなのだろう。

e0041624_22385024.jpg

さぁ、さくらのピークだ!カメラを持って、出かけよう。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-04-05 22:32 | 英語学習のあしあと

久々にTOEIC受けました

「渡航」

の2文字がちらつき始めると、なぜか受けようという気になるTOEIC。

資格という意味で、このテストで高得点を取っておくメリットは大きいし、

実力を可視化する意味でも、このテストを受ける必要性はある。

そう思って今回も安直にテストを受けてみたけれど、(そしてやっぱり対策はほとんどせず笑)

あぁ、おそらくTOEICは今回が最後かな、とテスト中にふと思ってしまった。

*****

最初のリスニングセクションを聞いていて、

テスト独特の単語の"言い換え"表現が多々出てきた。

しかし、これが相当に無理やりな感がして気分が悪くなった。

実際には使わない類の英語を習っても、何にも意味がないのでは!?..と。

テストを解きすすめても、

かつてはあったはずのわくわくする感じや、挑戦するぞ~という気分がちっとも湧いて来ないのだ。

*****

とは偉そうにいうものの、バッチリ前回よりスコアは下がったと思う。汗汗

リスニングも弱っていたし何より文法が・・;。

それでも、英語の本を毎日少しずつ進めていたおかげか、長文はすらすら読めた。

。。。ような気がする。

「継続」という言葉が、やけに力強く感じるようになった、最後のTOEICでした。

スコアは1カ月後に来るらしい。

前回より50点以上下がっていたら、ここには晒さないかもしれません笑
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-03-20 23:26 | 英語学習のあしあと

久しぶりの英語の話 最近は..

NZから帰って早1年半と2ヶ月
NZでの卒論調査を除いて、この期間中英語を使う機会は0に近かった

今の英語力はどうなんだろう..?

正直に申し上げると長らく勉強もストップしていた
それは英語を学ぶ「理由」(口実と言ってもいい)を持たなかったからに他ならず
最近じゃ覚えていた語彙の記憶も薄っすらとしてきて
洋画の英語も聞き取りも難がでてきていた


日本に再び定住して英語を使う機会もなく、せっか持っていたなけなしの英語力を次第に失ってゆく・・・


なんともありがちな、典型的な失敗談を地で行っているのを理解している。

******

「何とかしなきゃ」、「将来絶対に必要な能力だし、今のうちに勉強しておかなければ」

何となく、「やらなきゃ」という思いに駆られていて、言い換えれば
無理にでも勉強を再開する口実を探していた、と思う。

でも、
今日車の中でまた英語との付き合いをあれこれ考えていてふっと思い出した

05年あたりに英語学習を始めたころって、英語は「趣味」って位置づけじゃぁなかったか。
楽しむ対象ではなかったか。何か最近は、肝心なところをすっぽかしてたのでは――。

もちろんNZ時代は「必需品」として英語は扱っていた
でもだからと言って、日本でもその性格を維持させる必要はないのではないか。
まずは今の生活にあわせて、英語と付き合っていけばいいのではないか。

いつか自分の身のフリもハッキリ決めれる時期がくる。
きっとその時、英語は「趣味」と同時に「必需品」に再昇格する。
楽しく、なんて言ってらんないくらい勉強しなきゃならない時もくると思う。

でもだからこそ、その時まで、英語と楽しく付き合う"姿勢"を、育てていこうとおもうのだ。

*******

というわけで、社会人生活もひとまずの落ち着きを見たことだし、
以上の考えをもって、英語の勉強再開です。

また軌道修正が必要なときは、その時考えよう、っと。
e0041624_3474098.jpg

[PR]
by Mr-chirujirou | 2008-09-15 03:43 | 英語学習のあしあと

TOEICの結果が返ってきた

2005年夏。  英語にハマりだしたときに受けて、500点
2006年1月。 渡航直前の状況を知ろうと受けて、580点(その時の記事はこちら)


2007年、一年間の海外渡航から帰って受けてみて・・・・・


・・・TOEICを受けるにあたって、「海外に一年滞在した」という事実は、ある意味で相当のプレッシャーだった。ワーキングホリデー経験者はこの辺共感してくれる方も多いんじゃないかな

帰国後半年経って英会話力もガクッとダウンしていた、
そんな状況で受けた今回のTOEIC。
晒しておきます。




TOEICテスト(IP) 実施日2007年7月25日

LISTENING 435
READING 350
TOTAL SCORE 785


白状しますが、英語クラスの先生からスコア表渡されたとき、
ニタニタしました。苦笑
IPとは言え、思った以上に伸びてスコア的には大満足です。


特にリスニング・リーディングともに渡航前からほぼ100点ずつUPしており
セクション3が初めての100%正解、リーディングセクションも平均70%でコンスタントに取れていて、つまりはとてもバランスのいいスコアの取り方をしていることが、自分の中では大きな安心材料になっている。

ただ、簡単だと感じたリスニングセクションで60点分落としていること(勘違いリスニング)
実は最後の10問は時間切れで適当に穴埋めしたこと(リーディングに時間かけすぎ)
リスニングとリーディングに85点も差があること(基礎がそもそも・・・;)

・・・うーん、こう挙げて見ると、スコアに満足していたらもったいないなぁと思う
あとほんのちょっとの努力(=テスト対策)で800は突破できるわけだ。
今後はしばらく受験する予定はないけれど、何かきっかけがあれば、もう一度受けてみようかな。

何はともあれ、海外一年滞在でTOEIC200点アップ。
これでひとつ、何かキリがついたかな、と思ってます
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-09-25 11:57 | 英語学習のあしあと

英語の勉強再出発

帰国してからというもの、実家という“ゆりかご”に収まってしまった感がぬぐえずにいて、不完全燃焼。友達と会ってもどうもぱっとしない気分が続く(友達と会うのは本当に嬉しいんだけどね)。

・・とは書いたものの実家住まいに不完全燃焼の理由を求めるのはこじ付けか。
NZでの基本的な姿勢“常にわくわくを探す”“まずは行動を起こす”、これらが日本に戻ってきてもそのまま居座ったままだ。いや、これらを消そうと思っているわけではないんだけれど、NZワーホリメーカーのように(ある意味)奔放な生活を日本で送ることは不可能なわけで、ある程度これらの姿勢の消化(=日本適応型に変化させる)が必要と思ってる。

でも今それがうまく出来ずに、何かしたいんだけど学校も3月末までは休学中で、シュウカツもまだ本格化していない現状で、完全に心の欲求と行動のバランスが取れておらず息が詰まりそうな思いをしているというわけだ。
今映画鑑賞と読書を狂ったようにしているのは、その欲求のはけ口として無意識にそれらを使っているからだろう。

どうやらNZでの一年間は想像以上に俺の中に変化を呼び込んだらしい。
もうちょっと、NZでの基本姿勢を崩すことなく日本に適応させるには時間がかかりそうだ。

・・・・題名のとおり今日は「英語の勉強再開」を書くつもりでいたが、心境を書き出したら止まらなくなってしまった。以下に書こう。

****

さて、英語がさっぱり頭から抜けました(苦笑)。
おそらく今英語で話しかけられたらしどろもどろするだろうな;。
しばらくはシュウカツと英語の勉強を同居させなきゃいけない状況だけど、
NZの時からうっすらと考えていた「日本での出直し勉強」を、ここにまとめて宣言しておこうとおもう。

まずまずまずまず、何よりもNZの時、きちんと計画に沿った勉強が必要だなと思ったのは、「発音」。 BIRDすら外国人に聞き取ってもらえないようじゃ、何してきたんだかと言われても仕方が無い。
シュウカツで「英語」を武器にするつもりは毛頭ない。俺が持つのはあくまで“日常会話”の範囲に限られるからだ。そういう意味で、今後しばらくの英語勉強はTOEIC等資格を目指すものではなく、おそらく夏ごろ卒論調査でもう一度NZに行くであろうその時の英会話を自分の中で目標として、それまでの勉強を計画しようと思っている。

基本姿勢として、まだ手付かずのアルク「ヒアリングマラソン」の教材、残り3か月分をきっちりやってしっかり“完走”することを念頭に置いておきたい。
その上で、副教材的に以下もおこなう。
スピーキング(発音含む):ヒアマラ教材の中の会話セッションをシャドーイング。ほとんど暗記するくらいのレベルまで各セッションを声だして読み込む。そして一番大事なのは、聞こえてくる音声を忠実に自分で再現すること。ここで発音を矯正したい。

リーディング: 実はTIRI島の保護活動の歴史をまとめた分厚い書籍を、帰り間際に島で購入しておいた。これを一日2ページずつ読み込み音読。単語の補強もここで行う。

取りあえずは最低これだけは毎日。1.5Hくらいで収まるはず。焦って一日何時間も勉強はできない。まずはじっくり継続することだ。

ライティングもやるとかなり有効なんだけど・・まぁ、これはひとまず置いておこうと思う。ディクテーションをライティングの一部とみなしてしまおう(笑)

継続は自信をうむ。
やってみよう!
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-01-25 23:14 | 英語学習のあしあと

TOEIC様 ご帰還

アルクのクラブページにて、一足早く
TOEICの結果を見れた。

結果・・



晒します。




第120回(2006年01月15日実施)
Listening 315, Reading 265, total 580




低いな――――――――ぁ―――――!


でも、まぁ半年前より 80点UPということで・・・
見逃してやってください。
・・見てろよ来年度! という具合に 奮発剤にします。

さぁTOEIC600にも満たない英語力で生活していきます!!w
前も言ったけど、帰ってきたらもう一度TOEIC受けますよ。
こうご期待@@;

(あ~600はあると思ったのになぁ; まだまだだ・・)
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-10 16:38 | 英語学習のあしあと

TOEIC受験

本日1月15日。
TOEIC受けてきた。

今回で二回目の受験。
前回はまったく勉強なし&問題形式しらない&戦略一切無し
で挑んで、見事にジャスト500点なんて恥ずかしい点を取った。
なので今回
勉強あり(ちょっと・・)&問題形式把握&時間配分など戦略練って
挑んでみた。

本番始まって、すぐ前回との違いに気づく。

・・・聴き取れる!!

趣味程度でしか英語の勉強してこなかったけども、
ちょっとは向上してたらしい。
こういう発見、嬉しいナァ。

途中の文法問題は相変わらずびっくりするほど分からなかったけど、
総合点としてはソコソコな点数を取れた・・ような気がする。
(とは言っても劇的に点数が伸びたとは思ってないけど)

どうして聞き取れたか。
おそらく、ALCのヒアマラのおかげだ。
ヒアマラのリスニングは、TOEICと同等かそれ以上のレベルのものだなと
TOEIC終了直後にふと思った。
いい教材、紹介してくれたなぁ、チャーリー先生。先生のおかげ、かも。


今回のTOEIC受験は、NZ渡航直前のレベルを数字に出しておきたかったら。

2007年、もう一度受験しよう。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-01-15 17:06 | 英語学習のあしあと

英語えいご・・

只今「NZ留学記 英語力ゼロからの挑戦」を読んでます。
何気なく図書館で借りたんだけど・・
読んどいて良かった。

この本読んでいて、俺は今の英語勉強で少々誤りを犯していたと言うことに気づいた。
それは、「リスニング」の勉強法。
今アルクの「ヒアリングマラソン」を年間受講してるけど、
この教材、毎月
・ヒアリングマラソン~月号
・ENGLISH JOURNAL(日本語で書かれた特集記事。TOEIC対策、~の英語勉強etc)
・The Voice of EJ (ネイティブの生インタビュー&ニュース)
がセットになって送られてくる。
この中で、英語力に欠ける俺はヒアリングマラソンだけに取り組んでいた。
読み物であるENGLISH JOURNALは別として、
容赦ない速さで話す”生インタビューの声”には手を出していなかった。
(インタビュー音声って本当に聞き取りづらい。)

でも実際、苦労してでも聞き慣れておくべきなのは生の音声なんだよね。
俺はまず正確な英語を聞き取れることを漠然と目指していた。
・・・というか本音は取り組みやすいものから取り掛かっていた、という感じ。
でもこれ、実戦にはちょっと不向きな勉強だったのかもしれない。

本の中で、筆者が最初につまづいたのが、「単語の聞き取り」ではなく、
「音の繋がり」と言っていた。
この筆者の経験、俺の中に生かしてみようと思う。

意識して、リスニングしてみよう。

あと一ヶ月、英語の対策としては
・「音の繋がり」を意識してのリスニング
・引き続き単語力の強化
・想定できる場面ごとに、自分が使いこなせる(武器となる)フレーズ・文章を考えておく

に重点を置こうかと思う。


向こうで暮らすor旅をする日本人にも、とても興味がある。たくさん話がしたい。
でもそれ以上に、他国の人と、深く話がしてみたい。
勉強続けるに、充分な目標だ。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-01-13 19:26 | 英語学習のあしあと

趣味として始めたが・・ (ALCブログ時代より転載)

趣味として始めた英語だが、
最近はその域を超えてきている気がする。
 
ヒアマラ中級の3ラウンドシステムなるものを今やっているわけだが、
各Unitの1dayを終えて思うこと・・悔しい!

洋画を見終わって思うこと・・悔しい!

海外ニュースを聞いて思うこと・・悔しい!

なんでこんな聞き取れないんだ!?
本腰、入れなければと思う。

最近大学で今学期の授業登録があった。
登録を一通り終えて見ると、『環境系』と『英語』の授業でほぼ埋めてしまっていた。

後戻りはもう出来ない・・いや。 したくない。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2005-03-16 16:59 | 英語学習のあしあと

ヒアマラ中級スタート! (ALCブログ時代より転載)

1000時間コースへの布石として中級コースを受講することにしました。


自分の通う大学の英語講師に「本気で英語の勉強したいんだ!」と相談して、ヒアリングマラソンを勧められたのがキッカケでした。 
その相談した教師はなんと1000時間コースの講師の一人で、さらに説明書を読むと、NHK「100語英語」の投野さんも講師をしているではないですか! ほぼ直感で決意しました。

なかなか趣味は続かない自分ですが。。半年間、がんばろうと思う。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2005-02-11 00:21 | 英語学習のあしあと