MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:社会人な生活( 59 )

2年で一区切り

4月30日で、2年務めた会社を退職した。

同期のみなさん、上司の方々・後輩のひとたちetc。

たくさんの方がいてくれたからこその2年間だった。

ほんとうに、ありがとうございました。

*****

この2年間が今後にどう影響を与えるのか、それは今言えることじゃない。

でも、過ごした月日が変わることはなく、影響はきっと計り知れない。

現に、これから半年過ごす山小屋バイトの情報も、同期の友人からもたらされたものだったし、

その選考を通過できたのも、会社で多少なりとも培った

電話越しでの言葉選びの経験があったからかもしれない。

今後も、いろんなところで"三重での2年間"に出会うに違いない。

*****

住み慣れた一人暮らしのマンション

家具がなくなり電話の声がやけに響き渡る、空っぽの部屋を後にした。

一通り会社の人にあいさつをすませ、荷物をいくつも担いで乗った電車内

窓際に立ち、真新しい苗が植わった田んぼの広がりを視界に捉えながら

叫び出してしまいたい気持だった。

*****

これから、自分がやりたいと心底思うことを、生涯をかけて追っていく。

自分に対して、

自分の人生に対して、

そして、

支えてくれる周りのすべての人に、

失礼のないように。


e0041624_1472954.jpg

ランニングで通いなれた三重の海岸
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-05-02 01:39 | 社会人な生活

シンキング・タイム

もう、ちるじろうはすっかり旅モードになっています。


ふっと時間が空けば、ぐるぐると飽くことなく同じことを考えてしまう、そんな状態。

「自分は今後どう生きていくのか。どう生かしていきたいのだろうか。」

こんな答えのない命題に頻繁に向き合うのは楽じゃない。
でも、この作業は嫌いじゃない。

NZいたときは毎日こんな日々だったなと思う。
ひとつひとつの選択と行動が、そのまま自分の人生を創っていく
間違えればそりゃ自分の責任、何も言い訳はできない。
そんなリスクを背中に感じながらの生活だった。

自然、一つ一つの選択に全力になる。
目の前のことに全力に生きることしかできなくなる。
大変なことだけど、やっぱり俺はこの生き方は嫌いじゃない。

自分は、本当に追いつめられないとそんな生き方に入っていけない、弱いいきものだと思う。
だからこそ今、長い旅に出る必要があると思っている。

考え続けよう。

今、したいこと。

やれること。

やらなければいけないこと。

やらなくてもいいこと。

やれないこと。

必要なものと、そうでないもの。

e0041624_23411247.jpg


楽しく、そして真剣に。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-03-24 23:22 | 社会人な生活

この日がやってきた

「どうしてもやりたいことがあるんです」と

所属する部署の役職持った方々に
いよいよ退職の想いを伝えた

ようやっと、この日を迎えた。


退職が決まるというのは、なんとも不思議な感覚を伴うもの


これで本当にいいのか、という不安はやはりどこか片隅にいだきつつ
もう自分の言ったことは覆らないという
その重さと引き換えにして、
かたちにならないぼんやりとした決意がゆっくりと充満してくる


あぁ、自分はこれからやるべきことをやっていくのだ
そんな当たり前のことを今更ながらに噛みしめている


今後の道に踏みならされた登山ルートはない。
手に持つのは、簡単な地図とコンパスだけだ。
不安も期待もリスクも何だって、平等に受け入れて生きていこう。

退職は、4月の末に。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-02-27 22:30 | 社会人な生活

出たがりな、だいこん。

"保護者各位
             おねがい

先日、年少組の女の子が慌てて職員室のドアを開けて、

「ねぇ先生、だいこん抜いてもいい?」

「えっ? どうして?」

「だって、あたま出してるもん」

「そうか? 出たいのかなぁ。 でも、もうちょっとおいておこうよ。

大きくなるかもしれないよ。土、かけておいて。」

「うん、わかった!」

こんな会話をして、女の子は畑に戻っていきました。

確かに、大きくなっていました。

そこで、各クラスで大根が採れた時の食べ方について聞いてみることにしました。

すると、「おでん」という意見がとても多く聞かれたので、

今年はみんなでおでんを作って食べることにしました。

   1月25日(月) 
  持ち物・・・おにぎり、おわん、お箸セット、敷物、お茶
  
  朝から準備があります。時間に遅れないように登園してください。"

****

だいこんと会話できるって、いいなぁ。


振休つかって久々の実家。

いつもの冷蔵庫に、こんな楽しげな張り紙がしてあった。

聞けば、甥っ子を2週間ほど実家で預かっているのだという。

ダイコンが、ってか野菜が苦手だった甥っ子だけど、

このおでんイベントによって、晴れてダイコンも好物の仲間入りをしたようだ。

「だいこんすきー。」と夕食のときには無邪気に笑っていた。単純なやっちゃ。

「お星さんみたいにきれいー」

正月の時は炊きたてのご飯をながめて

こんなセリフを嬉しそうにしていたのも思いだす。

この感性、タダものじゃないぞ。笑 いい子に育てよ。

ついでながら、この甥っ子には神経衰弱もどうぶつカルタもまったく敵わなかった。

やっぱりただものじゃない。


・・まっ ちょっーと手を抜いたんだけど。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-01-25 23:59 | 社会人な生活

おめでとう

ある学生時代の友人が新たな進路を進む、と決断した。

こんな嬉しいことがあるだろうか

きっといろんな葛藤の末。

応援します!



*****

自分も、負けてばかりではいられないなぁー。

*****


さて、ここ最近スレスレな文章で(!?)したいことがある、いつしよう、なんて書いてみてはいる。
ただ、1月中病むほど考えてみたけれど、これからどう動くべきか、はっきりした結論には至っていない。
あっという間に1月も末になってしまった。


・・「何がしたいか」は「自分をどう活かしていきたいのか」へ、
そして「周りにどんな影響を与えていきたいのか」へ。

考えたって考えたって、ぐーるぐーるぐーるぐーる、時間は足りそうにない。
結局何度も同じ結論に行きつく。もう行きつきあきたな
もう現時点での答えは自分の中にある。あとは、始めてみなきゃわからない、のだ。


頭で考える期間は、2月・3月上旬まで。
そのあと重要な決断を下して。きっとここでも公表します。

あぁ、ある意味、早く楽になりたいと思う今日この頃。
その"楽になる"とは、新たな巨大な苦労の始まりとなる。
でも、その苦労に恋い焦がれているのだ。不思議だけど、やはりワクワクする。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-01-23 23:16 | 社会人な生活

要は、とにかく寒いチャリ通勤

片道30分のチャリ通勤
相変わらず続いているが、
冬も成熟をみせる今の時期、
とにかく毎日寒さとの戦いだ。

今日は過去の通勤を見渡してもワースト5に入る寒さだった。
道中は風が顔を凍らせ、口を動かすことすらままならない。

******

よもやこんな寒気の中で、花を見かけるとは思いもしなかった。
通勤途中の民家の庭にぽつんと一本だけ植わったロウバイの木は、
すでに黄色いつぼみをたくさんつけていた。
何か、神々しいものを見たような気持だ。

寒い寒いと嘆いてばかりではいられない。
日々準備し、日々進化しなければ。


******


毎月決められた額が決められた口座に振り込まれる安定した生活
きっと数年後、あんな不安のない日々はなかったと思い返すのだろう

でも、安定=満足ではない。
安定した生活を送っていると、いつのまにかこの式が成り立ってしまうから、不思議だ。
恥ずかしいことに、しばらくの間この式が自分の中でも成り立っていた。
気がついたなら、動きださなければと強く想う。


******


NZ時代の知人が
この先必要な語学習得のために一日5時間机に向かっているとブログに書いていた。
そうそう、これだ。こういうのを見聞きすると、面白いくらい自分の中にやる気が起こる。
面白いことしてるな、負けたくないな
単純だけど、おれにとってはこの気持は劇薬だ。


明日は今日より寒いらしい。
そりゃいったいどんな寒さなんだ。早くその中を走ってみたい。
よくわからないが、わくわくする。
よくわからないが、負けたくない。
この気持は、大事にしたい。

******

(何のこっちゃ分からない内容になりましたが。。
もったいないからUPします 
いいたかったのはタイトルです すみません笑 それでは、また)
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-01-13 23:39 | 社会人な生活

敗退のち、カレーとシチュー。

予想外の積雪による敗退から一夜明けて・・

とりあえず、

・・・悔しくてならない!!!!

この三連休は標高1000mの稜線にテントを張って
紅茶でも沸かしてヘッドライトの明かりで
この日のために買った「COYOTE」のニュージーランド特集を読むつもりだったのに・・

とりあえず、腹いせに部屋にテントを張りました(笑
そして窓を全開にして、冬の寒さを感じている。

(↑さっき知り合いに言われて気がついたけど、これって相当ストイック&マニアック?苦笑)

でもでもでも。

いろんなことを身をもって体験したのは本当に良かった。
特に、寒さ対策としてどの装備に重きを置かなくてはいけないのか。
これは今後ヤマにほんきで向き合うにあたって、命にかかわってくる重要なことだ。

たとえば今回、ほとんどすべての装備を春夏ヤマ用のもので代用した。
特に無雪期用の靴と手袋を使ったら、当然ながら手先・足先がじんわりと濡れてしまった。
これが、もし雪山縦走中のなか日に起こったとしたら・・?
きっと、軽い凍傷くらいなっていただろうと思う。

こういった行為が危険を伴うことは、実は本を読んで知っていた。(突っ込みはなしで・・)
でも、もしかして何とかなるんじゃないか、実は大げさなんじゃないか、
そんことも心のどこかで思い続けていたのも正直に告白すれば事実だ。

ちょっと手痛い敗退だったけれど、心のどこかにあった
「冬山だって、今のおれでもなんとかなるんじゃないか」を
完全に追い払うことができたと思えば、こんなに安い授業はないのかもしれない。

こんな阿呆な自分がほんとに悔しく
この2-3月あたりでカヌーもそろそろ始めなければと思っていたけれど、
その分の予算と時間の投資を、ぜんぶ冬山に向けたいと思っている。

12爪アイゼン・ピッケル・スリング・グローブ・スパッツ・冬山登山靴・・・・・
予算は、10万位はかかるよう。来月の給料は間違いなくすっ飛ぶ。
あぁ、来月もカレーとシチューの往復だなぁ・・。
好きでやってるからいいんだケド。
e0041624_22551483.jpg

[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-01-10 22:36 | 社会人な生活

ありのままの言葉で。

もう、飾るのもやめて、不安になるのもやめて
地に足つけて、その上で前をみよっ、と。

*****

ひたすら「自分の進路」について考える日々日々だった。
だった、というかまだ、まだ進行形なのだけど。
考えたって答えはでないのは分かってる、
この問いはきっと、「考えて」出す類のものじゃない。

でも、考えたい。
考えてないと、、、簡単にいえば不安なんだろう。
ある程度、いやほとんど、答えは自分の中にあるのに、何かが不安にさせる。

今の会社には5-6年がんばるつもりで入った。
まだ2年目のいま、2010年の早い時期にも舵を切ろうと決意をしたのは、
実は(?) その大部分を"親金融"に頼っていたNZワーホリ時代の借り物を
2009年末にきっちり返し終えてキリがついたこと、
そして何より、自分の中にたくさんあった"やりたいこと"が、急に一本につながり始めたからだ。


ちょっと前、四国と広島を結ぶ「しまなみ海道」のチャリ旅行をしたとき、
その帰りの車内のつけっぱなしの音楽から、こんな歌詞が頭に雪崩れこんできた。
「ぼくらは 夢見るあまり さ迷って 大海原で漂って ・・・」
いつも聴いてるはずのノリのいいこの曲を聴いたとき、あぁ、今の自分はこれだ、

自分はいま、抱いてる夢に負けてんだなぁ~

と心底思ってしまった。
あれ、生きる力になるはずの「夢」に潰されそうになってんじゃん、と。

今思い返せばそこでやっと夢というやつを持つだけでなく攻めるという意識を持つことに、
気がついたような気がする。
つぶされてたまるか、攻めてやる、と思えるようになった。

そして、その夢を実現させるための手順をいろいろと考えてみると、
どうしても今の社会人生活はその"手順案"の内容とはかけ離れていることに気がついた。
だから"舵切り"の決断がいま必要なのだ。

****

06―07年のNZ時代、自然保全の、厳密には鳥類保全活動の面白さを知ってしまった。
この分野なら、一生かけていい!とホンキで思っていた。
あの時の熱い気持ちはだいぶ落ち着いたけど、
今も心のどこかにある。それはものすごく感じている。

南半球のすみっこで、あんなにあんなに面白い保全活動ができた。
南半球のすみっこで、ミルフォードやカウリの樹のような、あんなに素晴らしい自然があった。

それなら今度旅するときは。。。と考えずにはいられない。

e0041624_22352121.jpg

ハルノ ジュンビ
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-01-05 22:08 | 社会人な生活

伊勢神宮へ!

e0041624_2049652.jpg

早朝からすんごい人

1月2日の箱根駅伝

画面向こうの5区(峠越え)の選手たちにすっかり感化され

こいつはヌクヌクしてらんないぞと

自分も3日、チャリにて往復80kmのお伊勢参り

3日の箱根駅伝・復路も観たかったから

朝の6時台にでて、ガンガン漕いで片道1.5時間、11時前に帰ってこよう

そんなザックリな計画を立てた。



・・・甘かった。。。平均時速26kも出るわけなかった。(片道40kmを1.5Hで行くための速度)

よく考えたらノンストップ休憩なしで40km×2すら、自身初挑戦だったのだ。

体力が持つわけないじゃないか。

帰路は服もハタめく強-烈な向かい風、時速10km出てたかな?苦笑

箱根は結局、ふらふらな頭のまま、最後の10区だけつまみ観ることになりました、と。。

e0041624_20514187.jpg

人はちいさな存在

e0041624_20523049.jpg

かけかえたばかりの宇治橋

e0041624_2053331.jpg

ちょっとお遊び写真
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-01-03 20:53 | 社会人な生活

あけましてのご挨拶

皆様
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

皆様は2010年をどういう一年にしますか?
この食べて寝るだけの(笑)ゆるりとした空気の正月というのは、
そういうことをのんびりと考えることができる
一年の中でも大きなチャンスだと思います。

年末年始というのは、旧友とも顔を合わせて近況報告をして
自分の立ち位置を確認できる
一年の中でもほんとに大きなチャンスなのだと思います。


ちるじろうは、とてもとても有意義な年末年始を過ごしています。


いよいよ親にも進路を報告して
ちるじろうの人生は2010年に大きく舵を切ります。
また、しかるべき時期にブログのタイトルも再びリニューアルして (また笑)
ここでも報告したいと思っています。
その前にたくさんの人の意見を聞きたいです。相談に乗ってやってください。

そんなこんなで、
2010年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-01-01 23:09 | 社会人な生活