MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:愛しの植物たち( 14 )

めざせ、コンスタント・ガーデナー

e0041624_21591398.jpg



大学時代からベンケイ草はずーっと育てていたけど、
ようやっと豊富な?予算を背景に、いろんな植物を世話できるようになって
いま、なんちゃってガーデナーを目指してる真っ最中(5ヵ年計画)だ。


写真の寄せ植えは作品第一弾。
寒さに強い植物を選んで、色合いも意識して寄せ植えをしてみた。(ただそれっぽいのを好みで選んだだけとも言うが。・・)


このほかにも、はつか大根と玉ねぎの苗も別の大型プランターに植えて、
今や自宅はちょっとした植物園状態だ。

ベンケイソウ
カラジューム×2
ネフロレピス(シダ)
カランコエ
サボテン×2
シャクナゲ小×2
シクラメン
芝桜
カルーナ
葉ボタン
アジサイ

以上は部屋にある植物たち。こうやって挙げてみると、結構あるんだなぁ。どんどん増えてく笑
枯らさぬように、育てていこう。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2008-11-21 22:11 | 愛しの植物たち

久しぶりの植物ねた

しょ。・。正直に申し上げます

あんなに↓真っ直ぐすくすく育っていた大学時代のマイペット「ハカラメ」君たちですが

e0041624_21114988.jpg


葉っぱ一枚のころから成長記録をとってきましたが

自分の背丈より大きくもなりましたが


実を言うと

卒業の年の冬に

・・・

みんな

つ。。土に返りました。



栄養失調と寒さで・・・ す。。すみません


ただ全滅ではないんです

一株だけ弱々しくも生き残り、今引っ越し先の部屋で

一番日の当たるポジションにて元気に療養中です。

e0041624_2123144.jpg


さぁ、もう一度気持ち新たに育ててみるか~。

*******

引っ越してきてから新しいペットが増えてます!!

・バラ(もう枯れた)

・カルミア×3(枯れ気味)

・アジサイ(今のとこ生存)

・インパチェンス×2(元気)・・・日々草みたいなやつね

・ミニトマト(放っておいても育ってる)

・ゴーや(隣人のベランダに入り込まないようにしなくては。。)

・カラジューム×2 (一番のお気に入り)


毎日帰宅して真っ先にすることと言えば水やりとなってます笑

そんな 自由な 一人暮らし。


***********

次はでっかいシダ狙ってます。
5千円でイイのが売ってるんです。。

なんでシダかって
NZのfern tree思い出すから。
(NZにはシダの癖に大きな木になるやつがいます)
樹のように大きなシダ、ぜひ部屋に欲しい。
 

************

あぁ なんてお気楽記事 笑

まぁ、たまにはいいかな、

最近すこし 頭固いかも。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2008-06-12 21:28 | 愛しの植物たち

::::浴びせすぎ::::

e0041624_2132111.jpg



・・・・・ちるじろうからの愛情を一身に浴び続けた古株カクタス君
浴びせられすぎて あえなく壊死。。。
つまりは水のやりすぎってこった。

ネットでちょっと調べてみると
サボテンは冬なんて水あげないくらい、ほぼ放置でよかったらしい
それを俺は週に2回も3回も・・・・・
ごめんなさい;

写真のように株分けしてなんとか子どもが生き残らないものかと
試してみたが全部シオシオ。
ほんとうにごめんなさい
でも3年もわが部屋に居てくれて 感謝感謝

*************

それで、さっそく空いたスペースに新顔搬入

e0041624_21382882.jpg


さて、何年持つかな。



というか来年から三重県に一人暮らしなもので
数ある植物ペットのどれを連れて行こうか・・早くも思案中。。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-11-01 21:39 | 愛しの植物たち

どこまで伸びるんだろう

e0041624_23481193.jpg


狭くなった鉢から大きな鉢へ。

「葉っぱ2枚」から大事に大事に育ててきたハカラメ

ついに窓からベランダに出せないほど大きく育ってしまった くれた。

家族から白い目で見られつつも笑 こいつらはメゲなかった。

身長はいよいよ170cmへ!


今となっては水不足よりも虫喰いよりも、風が一番の大敵。
倒れるのもキケンだけれど、このハカラメ君はちょっとの刺激で簡単に緑葉を落としてしまうからだ。
この利口な植物は落ちた葉っぱから直接根を出し、新たな茎を伸ばすことで繁殖する。
つまりもともと葉っぱが落っこちやすいのだ。
これも生きるための知恵なのだが・・俺のもとでは彼らの知恵は完全に裏目に出ている。
・・今日の鉢換えでも10枚くらい落としてしまった汗。

それにしても、庭に"放し飼い"にしたやつの方が元気に成長している。
もしかしたら、俺に毎日観られるのは負担なのか!?

成長のキロク、次は秋ぐちです。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-07-25 00:10 | 愛しの植物たち

コファイ

e0041624_2352554.jpg



NZの国花がいま、我が部屋ですくすくと育っております!


*********

日本には法律で定められた国花というものはないらしいけれど、それに準ずる(つまり一般的に日本の国花とされている)花である菊は05,06年に部屋で育てていた。けれど、あれれ??NZ行ってる間に、親に移動を命じられ冬の野外で華々しく散ってしまったようで、今は写真でその面影を偲ぶばかりになってしまっていた。

今回種から発芽させたのは、菊に代わる新たな国花、それもNZの国花である『KOWHAI(コファイ)』だ。うっかりNZの園芸店で種を買いあさって、うっかり関税も通過して、はるばるNZの園芸店からやってきた。

まず水に1週間ほど浸からせ、
土を敷き詰めたイチゴパックに種を植えて発芽させ、
ようやく今日、鉢植えに切り替えた。
パッケージのウラには本当に適当な育て方しか書いてなかったから、ここまで育てるのも一苦労だ。

花が咲くのは、いつだろう。
南半球でコファイが沈黙を続ける季節、北半球につれてこられたコファイは満開を迎えることになる。まずはその日まで、がんばって世話してみようと思う。

*大きくなったらこんな感じに汗 ↓

e0041624_0123943.jpg



********

追記

ちなみに、コファイと同時にクリスマス・ツリー(ポフツカワ)の種も撒いたんだけど,こちらは未だに種のまま。。残念ながら育て方が上手くないみたい,育ちませんでした。きっとこのまま土に返ります。合掌。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-05-14 00:12 | 愛しの植物たち

植物:サボテン開花

e0041624_22435796.jpg


3月上旬からずーとずーと見守ってて
数日前に
ようやく咲いた!!


部屋の中だと風媒も虫媒もないから、
もしかしたら彼(彼女?)にしてみればせっかく咲いたのにって残念がってたかもしれない。

そんな気持ちがそうさせたのか
2-3日であっという間に萎れてしまった。

でもまぁ、君の花はしっかり俺の記憶に残ったので、良しとしてほしいもんだ。
来年は花が咲いたら外に出してやろう。あっでも4月上旬ってまだ虫いないかな。

まっ咲いてくれてありがとさんー。
サボテンネタはまた来年3月になるでしょうね、ではまた。

e0041624_22495851.jpg

[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-04-03 22:50 | 愛しの植物たち

植物:赤い花と大事件

♪サボテンが赤い花をつけたよと言って
急いでおいでって僕に催促をする 何回も繰り返し僕ら乾杯をしたんだ...

最近、あるものをみる度にこの歌が流れてくる
「youthful days」、Mr.childrenだ。

あるものは何かって?
これこれコレ。



e0041624_21413097.jpg



昨年度はだんまりを決め込んでいたサボテンが、赤いつぼみをつけております^
たった一輪だけど、それも趣があっていい。
もうすぐ開花しそうな気配がしてきましたよ。
つぼみを見つけたのは今月(3月)上旬。それからというものほぼ毎日観察するのが日課になってきております。・・なかなか咲かないもんだね。

e0041624_21474972.jpg


*****

それにしても我がペットのメインであるセイロン弁慶草(マザーリーフ)達が大ピンチだ。
下のほうの葉っぱから突如枯れだし、全体的に茶色っぽくなってしまった・・

育て始めて3年。今までで一番被害が大きい大事件!(あくまで俺の部屋で、の規模だけど)

原因は放置しすぎた植物用活性水を与えたためで、
要は腐った水を知らずに与えてしまってたから。
たった数回のミスが、「全滅」もちらつく惨事になった。
今はキレイな水を与えたからか、なんとか上のほうの新しい葉っぱたちは生き残って、全体的に茶色いものの立ち直ってきたようだ。ふぅ。。これが枯れたら俺の精神も枯れてしまうところだった苦笑


*****

最近立て続けに3名の方にこのマザーリーフの葉っぱをプレゼントしました。
みんな、上手く育てるんだ!

そして、葉っぱから育ててみたい、欲しいって方がおりましたら遠慮なく!
東京(4月7,8訪問予定)、大阪(未定)を始め、全国どこにでもデリバリー!(冗談)


*マザーリーフとは??と思った方はこちら
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-03-28 22:02 | 愛しの植物たち

成長記録07年1月

(久々にNZ関係とは離れた話題。 よろしければ続きをどうぞ!)


何とほぼ一年ぶりの更新です、このカテゴリー。『愛しの植物たち』。
久々なんで一応説明を加えておくと、
我が部屋にはセイロン弁慶草、よく知られた別名でいえば「葉から芽、マザーリーフ」
なるものが居座ってて、その数11鉢。
今年で3年目になったのかな!?
もともとは2枚の葉っぱだったんだけどなぁ。

時々NZでも、「うちの植物元気かなー」とは思っていたけど、
先日帰国して実物をみて、そんな不安は一瞬で消し飛んでしまった。
でかくなってる!
出国直前の記事を先ほど確認したところ「100センチ越えしてくれたらなぁ」なんて悠長な言葉が書いてあったけれど、今彼らの身長測ってみたところなんと140センチ。
・・一年で100cmくらい伸びたってことでしょうか。今年中に俺の身長も抜かれるということか。

e0041624_2059104.jpg


ちなみに出国前はこんな感じ↓

e0041624_2104058.jpg


2~3mに成長すると花を咲かせるらしいんで、それまではまぁ、気長に育ててみようかな。



*****

日本に帰国してからというもの本ばかり読んでる。
近くの本屋に入れば、日本語の書籍が溢れるほど展示してある!
嬉しいなぁ。

ところで、今月中にはまた別にUPする予定ですけど、
NZでとても気になっていた『捕鯨問題』に今焦点を当てて読書をしてます。
NZではなぜ捕鯨問題に関心が高く、そして日本はなぜ低いのか。
そもそもなぜ捕鯨反対派と継続派に分かれているのか。

捕鯨問題という一点において、日本はNZに非常に嫌われていることをご存知でしょうか。

日本人として知っておくべきだと思ったことを、今年一年間で少しでも自分のものに出来るようにしようと思う。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2007-01-20 21:13 | 愛しの植物たち

ペット成長キロク~本年度最初にして最終回~

e0041624_11523724.jpg


06年01月24日現在、
わが部屋にお住まいのペットたちの全景です。

このように日当たりのいい場所を占領しております^^。
今は冬だからまったく成長しないけども、
ちゃんと太陽の方向に傾いて 太陽を浴びようとします。
ベランダにも、寒い中、ハーブがいます。

みんなちゃんと、生きてる。

去年2月末に西表島から葉っぱ一枚持ち帰り、
葉から芽を出すところから始まり ついに70cmクラスまで成長してくれました。

最近原因不明の葉枯れ(↓)がおきて焦ったけども、なんとか持ち直した様子。
e0041624_11595115.jpg


今後11ヶ月間の世話は、親に担当してもらいます。
俺が帰ってきた時
100cm超えの成長を期待して、
ここに 成長の記録'06 を残しておきたいと思います。

*********
引き続き、この不思議植物「葉から芽」の里親を募集中です。
乾燥に強いうえ葉っぱ一枚の郵送になるので、郵送でも大丈夫です。
もちろん手渡し大歓迎。

「葉から芽」 
本名:セイロン弁慶草
別名:マザーリーフ、灯篭草
『亜熱帯地方(南アジア・東南アジア)が原産で、日本では小笠原諸島・南西諸島に帰化している。トウロウソウという名の通り、灯籠に似ている形の花を咲かせる。花が咲くまでに2~3年かかるといわれていて、冬から早春にかけて7色の花を咲かせる。
なんといっても、特徴は葉から芽が出て増える事。水を張った皿に葉を浸けておいたり、土の上に寝かせておくと、子どもの芽がでてきて、やがては一人前に育っていく。』
(引用先はセイロンベンケイソウ計画です。)
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-01-24 12:10 | 愛しの植物たち

元通りの緑一色!

10月末に作手村で買った菊さま、
なんと12月まで咲き続けてくれましたが
キレイだった花も枯れかけてきたので 先ほど
断髪(花!?)して差し上げました。

あぁ、また緑一色の我が息子達。

来年は11ヶ月間も親に預けるので
非常に心配。

ゲンキでいてくださいな。

引き続き、"葉から芽"の葉っぱを欲しい人募集中です。

e0041624_014483.jpg

[PR]
by Mr-chirujirou | 2005-12-17 00:14 | 愛しの植物たち