MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:NZ - NZワーホリ~準備編~( 34 )

準備編のあれこれについて回想

これを見つけたあなたは素晴らしい。
実はこの記事、まだNZに来て2週間しかたってないときに作ったものです。
しかし更新する時期を逃してしまい、ずるずると3ヶ月近くたってしまった。
でもでも、せっかく作ったものだし、こっそり更新しようと思ったわけです。
(08/May/06)
では、どうぞ↓

準備して役に立ったこと
・細かい備品(特にペン)を揃えておいて良かった。こっちのはいちいち高い。ほんとに食料品の一部以外は高いと感じることが多い。物価が安い、というのはどうやらあまり当てにならないらしい。
・バッパーではダイソーで買ったレトルトカレー&シチューが最高に役に立ってる。つかバッパーでの晩飯まだこれ以外食べたことないんだけど@@;飽きないからまぁいいけど。
・「手ぬぐい」が風呂場でとても役に立つとの情報があったので、買っていったのだがこれが大ヒット。 渇きが早いしごしごしタオルになるし、拭くのにも使える。愛用中。
・PCはやっぱ持ってきて正解だ。ネットカフェに行く前に文章を書いておけばすぐブログアップできるし、MP3プレーヤーに入りきらない音楽たくさん保管できるし、もちろん写真&日記保存の場でもある。そんな重くはないし、何かと便利。

役に立たなかった&もってこればよかった
・これまたダイソーのあわ立ちタオルなるものを買って愛用しようとしていたけど、先日異臭がしたんで捨ててしまった。これは失敗・・水場で使うやつは安モノじゃだめか。
・ジーパン二着持ってこればよかった。一着しか無いから洗濯できないよ!
・Tシャツの出番あまり無し。(秋冬はほとんどなし。) Tシャツよりも長袖がいる!これは誤算だった。
NZは日が欠けるとほんとうに寒い。昼間はTシャツじゃないと暑くてたまらないことが多いけど、夜になると長袖2枚じゃ足りない温度になる。「一日のうちに四季がある」とはよく言ったもんだ。
・YHAカード、日本で思い付きで買ってしまったがやはり必要なし。国際学生証があれば十分な模様。
・そして最大の誤算、目覚まし時計。自分は寝起きが悪いので音が大きめのを買ったら、バッパーで使いづらくてたまらなかった。朝、一度鳴ると寝てるはずのみんながしばらくゴソゴソ・・ごめんね周りの人・・
しかも!買ったのは流行りの電波時計。・・何が起こったかわかる?
・・・勝手に日本時間を受信してくれるのだ@@。せっかくNZ時間に変えても、いつの間にか書き換わります・・。
しょうがないから日本時間表示のままにしてる。見づらい;;



読んでくれて、ありがとうございます~。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-03-02 00:00 | NZ - NZワーホリ~準備編~

【決意書】

【入学決意書】

俺はただ、自分に正直に生きたいだけだ。
すべては、この言葉に集約される。


中学時代から、或いはもっと前から。
俺は「普通じゃいたくない」という想いを漠然と抱いていた。
自分は特別でありたいとさえ、思っていたように思う。
そうは思いながらも、どうすれば実行に移せるのか分からずに
ただただ周りの生活に流れるままに生きる時代が、長らく続いていた。
しかし、漠とした想いばかり抱く中でひとつだけ、自身の中で変化無くハッキリと存在する意思があった。それは、「自然環境に携わっていたい」という意思だ。

その意思と、漠とした「普通じゃいやだ」という思いの末に、
今の大学がある。
俺は総合政策学部に入学した。「環境」も本格的に勉強でき、
幅広い分野を学べるこの学部にいれば、何かやりたいことが見つかるんじゃないかと期待したのだ。
煮え切らない自分を少しでも変えようと目新しいアーチェリー部に所属した。
授業もそこそこなのにある程度単位も取れ、友達も何人か出来て、特に不自由なことはなかった。

何かが起こるかも。俺は大学生活という新たな環境で、変われるかも知れない。
そう期待していた大学生活も、二年目を過ぎようとした、秋。

忘れもしない。
何かが違う。絶対に違うと、心が暴れだした。
抑えようとしても抑えきれない、「こいつ(自分)をなんとかしろ!!」という怒りにも似た感情が俺の内に流れ込んでくる。
・・このままじゃ一緒じゃないか。俺はちっとも変わっていないじゃないか。
このまま何となく大学生を続け 何となく知名度のある会社に就職して 何となく、不自由のあまりない、しかし変化も何もない
そんな普通の生活の、そのレールが、いつの間にか自分の前に敷かれていた。
滑稽にも、早く変化が訪れないだろうかと、
何か変わったことが起こらないだろうかと、
ただただ待ち構えていただけであった、自分への怒り。
そして、これまでと比にならないほど噴出する
「何も起こらないじゃないか」「自分を変えろ」「今を逃せばいつ変わるんだ」「待つのはもうやめろ」そして
「このままで終わってたまるか!」。
甘えていた自分への、復讐心。

俺はここで、初めてしっかり前を向いた。
初めて、動き出した。

もっと動き出そう、積極的に何にでも頭を突っ込んでやる。
その想いを実現するために、俺は今まで生活の軸だった部活を辞めた。
二足の草鞋が苦手である自分。 最大の決断だったと、今でも思う。

不思議なことに、いったん動き出すと、全てが動き始めた。
この転換期の中で、今のゼミ生たちに会えたことは、偶然ではないと信じたい。
ゼミ生たちは、自分の持たざるものを数え切れないほど持っていた。
俺も、こんな俺でも、もしかしたら何か可能性があるんじゃないか。
いや、今からでも十分作り出せるんじゃないか。
そんなことを考えさせてくれる仲間たち。 ありがとう、今ここにいる俺は、君たちのおかげで少なからず成長した自分だ。

この流れの中で、俺が海外に目を向けたのは必然のように思える。
待つでもない、探すでもない。
俺は俺を、自分自身を創りたい。
そういう想いが、自然と主流になっていた。

そのために、何をすべきだろうか。どう動くべきなのか。
自分が出した答えは、
「人との出逢いを重ねる」・「様々な出逢いを連鎖させる」ことだ。
自分と違う人生を持つヒトと、或いは本と。人生の交換をして
自分の興味のあることに飛び込んで、そこで改めて「自分」を観察して。
そこで得た出逢いを、また次の出逢いに連鎖させたいのだ。

たとえば一冊の本を読んだとする。
その本で感銘を受けた考え方があれば、その考えを行動に移してみればいい。
その先に、それに似たような考えを持つヒトと、新たな出逢いがあるかもしれない。
そしてその人との出逢いで、新たな考えを知るきっかけが生まれるかもしれない。

初めの一歩を「決断」する意思が、何よりの武器になると、俺は信じている。



自分の何を決めるにしても、自身が持つ情報はあまりにも少ない。
とにかく今は、自分の興味あることを今一度真剣に考え、実行してみることだ。
まず、動いて、自分の体で感じよう。頭で考えるのは、その後でいい。
きっとすべては、そこから動き出すんだ。
経験主義、ここに掲げようと思う。

これらの考えを実行し、NZという新しい地でたくさんの出逢いを起こしてやろう。
俺と似たような状況にある日本人ワーホリメーカー、NZで働く日本人、移民。
そしてまったく違う土地で人生を作り上げているNZの人たち。
日本では味わえない何かが、NZでの出逢いの先にあるように思えてならない。
わざわざ海外にいく理由なんて、これだけで十分だ。

そしてもうひとつ。

「自然に携わりたい」という想いは、まったく変わっていない。
むしろ、ここ最近は上昇し続けている。
この想いを人生のライフワークにするのが、怖かった。怖いというより、ただただ決断を渋っていただけ。
でももう、自分の心に嘘をつくのはやめだ。

俺は、自然を相手に活動がしたい。
それも、俺の活動が、
ヒトに自然環境との新たな出逢いを提供できるような
自然とヒトの、間に立ちたい。
俺自身が楽しく、幸せを感じていられる活動が
ヒトに、たとえ小さくとも幸せを与えることができないだろうか。
これは理想論ではないと、俺が実証できないだろうか。

今俺は、自分の気持ちに正面から向き合っている。
あとは、「どういう形で“本気”にするか」だ。
NZでは、環境保護ボランティアから自然を相手にするアクティビティまで、
自分の肌で、心で体験し 
どんな形で「本気」を実現するのか、じっくりと考えてみたい。

出逢いの先に何があるのか
経験の上に何ができるのか
今ここで、 答えは出るはずもない。

今できるのは、 心を開いて 自分に正直に生きるだけ。

心を開いて。

いってきます。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-11 18:55 | NZ - NZワーホリ~準備編~

NZ準備総集編 お世話になったページたち

出発直前とあって
今かなり無駄に心臓が働いてます・・落ち着かない。
なんだかやること多くて時間がないですが

この「リンク集」は、これから情報収集する方に
結構有益だと思うので 少し急ぎ足ですが更新しようと思います^^
役立ちますように^^。

◆NZ総合サイト ・・なんでも載ってる、誰もが知ってる大型サイト
Linknz.com・・情報収集の拠点でした。
ニュージー大好き.com・・こちらも拠点でした。クラシファド「売ります買います」内での売買が頻繁です。
ニュージーランドドリーム・・特に為替でお世話になりました。

◆口コミ系
地球の歩き方 ニュージーランド掲示板・・書き込み数もソコソコ多く、情報量が多い。
ワーキングホリデー同窓会・・書き込み頻度は低いけどログが多く参考になりました。
「MIXI」・・・実はここが、いくつもNZコミュニティがあって情報交換が非常~に盛ん。NZ在住者からの書き込みも多く、とても参考になりました。まだMixi会員で無い方はメールくださいな。なぜかって、既存会員の招待なしには新規参入者は入れないからです。・・てもう知ってるか@@;

◆個人経営の情報サイト
I love TRIP workingholiday in Australia・・・特に「自力でワーホリ」についての情報に特化してます。すばらしい。
Aotearoa Mail・・RyuさんのNZ情報ページ。これまた個人経営とは思えない情報量。大変参考になりました、感謝。
羊の国の秘書便り・・・出発準備編や英語学習編が特に参考になりました^^
波多野 電気・・・こちらも出発前の情報収集に役立ちます!
Windy Dunedin・・・キレイにまとまっており大変見やすいです。情報もよい。

◆NZアクティビティ・旅系 情報ページ
ニュージーランド トランピング&温泉・・・バックパッカーの方は見るべきです!必見!
ニュージーランド素人自転車旅行・・・最近見つけました。
自転車旅行をするつもりなんで、非常に役立ちそうです。
ニュージーランド探検・・・たくさんのツアーが掲載されています。
NZ journey・・・細かく情報が分かれていて見やすいです。


◆円送金・・・これについては前回リンクを貼りましたので、まだリンクしていなかったページを。
徹底節約!NZ生活・・・特筆すべきは「お得な両替方法」欄。すばらしいです。このページを何度見たことか^^;。

◆バックパック
フィールドマークス webショップ
フールドマークスyahoo!支店・・・僕はここで買いました。
ナチュラム本店
ナチュラムアウトドア楽天支店

◆ファームステイ
WWOOF ニュージーランド ・・(英文)
FHiNZ・・・(英文)

◆国際郵便
日本から海外に郵便を出すには
J-KING&SEROW・・・ニュージーランドの郵便局についての記載が詳しいです。

◆保険
ユニケアHP・・・(英語)
ユニケアHP・・(日本語)
ニュージーランド留学情報センター、保険のページ
East Wind ユニケア保険のページ

◆英語の履歴書
Tiffany's tearoom 英文履歴書の書き方
英語の履歴書.com
英語タウン 英文履歴書のページ
Microsoft oddice の英文履歴書テンプレート・・・テンプレがDLできます。

◆自然系ボランティア
DOC・・・NZの自然保護局
New Zealand Conservation Volunteers
Royal Forest & Bird Protection Society of New Zealand Inc.
Volunteering Now

◆学校選び
ニュージーランド留学情報センター・・・情報が新しく、正確。
留学ドットコム
kiwi留学ネット・・・比較されており見やすいです。

◆宿
BBH・・・NZバックパッカーズホテルの公式ページとでもいいましょうか。ここだけで十分でしょう。宿をパーセンテージ(%)で評価していて便利です。
YHA New Zealand・・・YHAの公式ページです。日本語も可。
日本YHA協会・・こちらからNZのYHAを探せます。

◆ラジオ ・・NZのラジオが聞けますよ。
EXtra MSN Today in New Zealand News
More FM
New Zealand's Rhema

◆その他
8秒ニュージー・・・俺はあまり使わなかったけど、使いようによってはいいかもです。リンク集。
IRDNZで仕事をする際にIRDnumberが必要になります。こちらからフォームをDLすることも出来る。
外務省 在留電子届出・・・NZについたらこちらを申請する必要があります。
国際学生証HP
海外発送.com・・・海外発送を扱う店舗のリンク。日本の品が手にはいります。


急ぎ足で書いてしまいましたが、これらすべて、有益な情報を提供してくれます。
ぜひ参考にしてくださいな。
(勝手にリンクしてしまいましたが。。不都合のある方はメールをください。削除等対応します。)

また有益なページ見つけたら、こっそり追記しておきます。


ふう。。日付が変わった。


今日は11日。


出発の日だ。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-11 00:28 | NZ - NZワーホリ~準備編~

NZ準備総集編 バックパックに詰めるもの

相当詳しくツラツラツラツラ~~っと書きますから、
別にいいやって方は今日は読み飛ばしてくださいな^^;。

バックパックにつめるもの、です。
デイパックに入れるものも一緒にして書きますがお許しを。

■持ち物リスト■決定版!!

◆衣服類
・ねまき (フリース上 と ジャージ下)
・ジーパン1本
・帽子
・ウィンドブレーカー
・レインコート
・冬用上着(パーカー)
・春秋用上着 (半そで1・長袖1)
・海パン (いるって多分・・)
・Tシャツ ×3
・下着 4日分(履いてく分も含)
・タオル

◆食べもの類
・コンソメ ・塩コショウ ・柿ピ ・醤油 ・シチュー ・こくまろカレー×3

◆本類
・手帳
・A4ノート 
・料理本 
・文庫本×6 (太陽の子・兎の眼・わたしの出会った子供たち・せんせいけらいになれ・アルケミスト・かもめのジョナサン) 
・ラブ&フリー 
・流学日記
・英語学習本(単語 ・文法 ・発音 ・ヒアリングマラソン多数 ・一人歩きの会話集)
・ワールドガイドNZ

◆身の回り?用品
・コンタクトレンズ(ソフト)一年分、洗浄液少々
・メガネ
・サングラス(UVカット)
・日焼け止め(SPF50+)
・歯ブラシセット
・石鹸(シーランド・ソープ) ← RASA参加者しか分かるまいw
・耳掻き
・爪きり
・薬(正露丸・サクロン・目薬・あんめるつ)
・手ぬぐい
・ごしごしタオル
・カミソリ

◆電化製品類
・ノートPC
・MP3プレーヤー(プレーヤー-PC間の付属コードも)
・電子辞書
・デジカメ(PC-デジカメ間のケーブル 、充電器も)
・時計 (目覚まし・腕時計)
・電池充電器
・電卓
・ペンライト
・全世界対応プラグ
・CDRW×5 (日記・写真バックアップ用)
・小型スピーカー


◆だいじなもの
・パスポート 
・国際運転免許証(+日本のも) 
・国際学生証(+大学のも)
・バス(名古屋ー東京)のチケット 
・航空券の申し込み確認証
・クレジットカード×2 
・TC16万円分
・各種控え、バックアップ、コピー
・国際キャッシュカード(新生銀行)
・YHA会員証

◆その他
・デイパック 
・お土産(箸、ハンカチ) 
・文房具 (筆箱・ルーズリーフ)
・万能ナイフ
・トラベルロック(小さい番号制の鍵)×3
・財布(予備) 
・ビニール紐(洗濯で使うかも)
・折り紙 
・レターセット(和風) 
・クリアファイル 
・旅用簡易スリッパ 、空気枕(バス・飛行機で大活躍の予定)
・証明写真(数枚)
・IRDの申し込み用紙・・(労働するときに必要らしい。現地でも用紙はもらえるらしいが、一応コピーしといた。)
・英語履歴書のテンプレートのコピー(これも、一応ね。向こうでも出来るけどさ。)



・・・これ入るの??

前回と同じセリフが出てきます・・
今俺の部屋は、足の踏み場がない。w 
ババーと並べて満足しちゃいかんよね・・
前回パッキングより荷物大幅UP!これはバックパックと格闘しそうだな。
いつやろう!?@@
今日の夜にでもやろうかなぁ。

いや、やっぱり出発当日にします。
ぎりぎりの方が知恵が働くと思う。^^ たぶんな・・


――――

以上のパッキングリストを見て、
「あれ?SPIの本は?」と思った方は・・w、
頻繁にこのブログへ訪れていただいてありがとうございまっす^^
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-10 13:50 | NZ - NZワーホリ~準備編~

NZ準備編 その15 資金持込法(決定版)

お金の持ち込み方法は以下のようにします!

■総資金:146万 (ちょっと増えた。)

■振り分け:

円のトラベラーズ・チェック16万円・・・現地で銀行口座開設するまでの旅・生活資金。ネット通販できるセシールにて購入。ここで買えば通常1%の手数料が0.7%になる。

円建て海外送金120万円・・・正規外国為替ブローカー(らしい)のKVBという円送金を取り扱っている会社を通して、資金の大部分は円のまま、KVB保有のNZの銀行に預けることに。
豊田市駅前の三菱東京UFJ銀行にて、円送金の手続きをしてきた。ロビーの端にある専用端末のある小部屋に誘導され、時間的には30分程度で完了。手数料は6000円(口座から引き落とし)で、受取手数料は受取銀行側で引き落とすほうが安いのでそのように申し込みをした。
時間があまりないのでこの場にてご報告のみ。ほんとは別にUPしたかった・・。

日本の銀行(UFJ)に残す資金:10万円・・・クレジットカードの引き落とし用。
使わずに残ればそのまま円で使えるんで、少々多めに残したつもり。

■KVBについて:
円をKVBに送金して、とりあえずは資金を保管してもらい、自分で銀行口座開設した後にKVBにメール、金額を振り込んでもらう。
俺が以前まで知らなかった点がある。「KVBは円のまま6ヶ月間は保管してくれる」点だ。
以前俺が言った①KVBで資金を即エクスチェンジ か②資金をT/Cにして持ち込み、為替の様子を伺いつつエクスチェンジ という考え方は、必要ないことになる。KVBに保管してレートの様子を見ればいいわけだ。
さらに、100万円以上送金する場合は3回まで分割して振込みを依頼できるとあって、レートを伺いながら自身の口座に振込みを依頼する、という方法が取りやすい。 ただレートを観察しすぎて逆に損をすることも十分あるわけで・・
俺としては分割振込みは使わず、NZに入って落ち着いてから口座つくるとして、その時にレートがそれほど悪くなければ、全額振込みしてもらうつもりでいる。

■クレジットカード
City クリアカード、三井住友VISAカードの二種類。メインはCity。三井の方はバックパックの肥やしにしといて、もしCity紛失という事態が起これば出番、という感じ。
各種予約時にカードは必要になることが多いとか。

■国際キャッシュカード
先日栄の「新生銀行」にて口座開設してきた。・・・念のため。
もし、どうしても現金が足りない!クレジットも盗まれた!という事態になったとき、親に依頼して、新生銀行にお金を振り込んでもらうつもり。
出番ないといいけど・・^^;
あと、国際キャッシュのレートは悪いとばかり思ってたけども、意外に良かった。
もし総資金が少ない旅のときは、これをメインに資金やりくりしてもいいかも知れない。




資金の持ち込み方法は最後まで難航しました。
でもようやく決まって、とりあえずは一件落着。あとは円高になるのを祈るだけ・・w

このページ内で何種類とある送金方法を語り尽くすのは困難なんで、以下に送金に関してお世話になったページをリンクしておきますね。参考になると思います。

Linknz.com内の、円送金のページ・・詳しいです。参考になると思う。
月間ニュージー内の円送金のページ
ニュージーランド情報ドットコム内の円送金のページ・・・ここから申し込みも可。
newZealand Dream内の「為替」のページ・・・為替の見方。参考になると思う。
Study in Canada!内、「海外送金」ページ・・・カナダ留学のページですが、かなり送金に関しては詳しく取り扱ってます。
KVBホームページ
セシールHPのT/C申し込みページ
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-09 14:42 | NZ - NZワーホリ~準備編~

NZ準備編 その⑥-5 買出し(五回目)+α

ジャズドリーム長島へいってきた!
(ただ今セール中。)

前回のパッキングの結果、まだなんとか空きスペースがあったんで
よし!ウィンドブレーカーを買おう!
となったわけです。

かなり迷いに迷い迷った挙句、なんとか、
ウィンドブレーカー上下購入に成功。。 優柔不断はこのへんの買い物に弱い。
選ぶこと自体が結構疲れたってのもあるが
上下あわせて3万円の衣類なんて 買ったこともなく^^;
変な緊張感があったのですよ・・。

というわけで今回の買い物
・ウィンドブレーカー 上下 ¥30,000也。
NZの南島でウキウキしながらウィンドブレーカー着てる人がいたら
それは俺です。あー着るの楽しみw
楽しみは一つでも多いほうがいいもんね、ガキっぽいとか言うのは筋違いさ。


そして本日
カード、身分証明証、パスポート、
それに携行品補償時のクレーム用に、電気機器の保証書等をコピーしておいた。
たぶんこういった保証書等あったほうが、クレーム通しやすいんじゃないかな?
詳しくは調べてないんですけどね;


―――――――――――――――――――

名古屋出発まで あと4日 。
円送金は明日済ますとして
ほとんどの友人には別れを済ませたし、
あとちょっと買出しすれば、準備完了。
 
さぁ、もうすぐだ。意外と時間なくて英語の勉強が進まないのが気にかかるが
こればっかりは一朝一夕で何とかなるもんじゃない。
NZでも毎日勉強は続けれるように、勉強の準備を今はしっかりしておくことだな。

出発前日、または当日、気合入れて
「決意書」なるものを書こうかと思う。
『流学日記』に対抗してますw

では、また。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-07 01:09 | NZ - NZワーホリ~準備編~

NZ準備編 その⑥-4 買出し(4回目)

こんなに大量に買い込むのも今回が最後でしょう。
あぁ、だんだん準備が終わっていく。

。。楽しい。。 早く出発当日にならないかなぁ。
というのが今の心境。
根拠のない自信が炸裂です。


*ダイソーにて。
巾着袋 大・中・小 ・・・風呂用etc
メッシュ袋 大・中 ・・・洗濯用etc
浴用タオル
こくまろカレー ×3
クリームシチュー  ・・・・しばらくはカレーばっか食べてそう;
しょうゆ(小)
塩こしょう(小)

*岡崎イオンにて。
カギ(ダイヤル式) ・・・デイパックのファスナーに。
レインコート ・・・NZは傘さす習慣ないらしい。
お菓子各種(柿ピーとかね) ・・・・お土産も兼ねて。


いやぁ~楽しかった。
なんか全部バックパックに入るか不安になってきたけど・・
たくさん買ってしまった。
まぁいいよね・・。

またパッキングリスト最終版、今度UPしようと思います~。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-03 23:03 | NZ - NZワーホリ~準備編~

パッキング!

早めにやろうやろう
いつも思ってたんですが
ついにやってみましたよ!パッキング。

早めにやっておいた理由は、
出来うる限り「NZで買うと高いだろう品物」はこちらで買い揃えたかったから。
特に、私服・寒さ除け・トレッキング用としてウィンドブレーカーを買えるのか
(買ったとして、バックパックに入るのか)
すごく迷ってたので、一度パッキングしてみて 容量が余ってたら日本で買ってしまおう、
と思っていたのです。

で、やってみた。
まず、以前作ったパッキングリストの品を一通り並べてみる・・ ↓

e0041624_330593.jpg




・・・・・これ入るの?

と最初思いましたが、意外にもあっさり入った^^;
重さを量ると大体現在14kgくらい。重さ的にも余裕があって
十分まだ詰め込めれる!

というわけで今週末行ってきます、ジャズドリーム長島の冬物アウトレットセール!
公式HPみた感じ、なんだか安いような!今からウキウキおこう^^
イロイロ旅用品買いだめようっと。


============

最初 荷物を詰め込んだバックパックを背負った瞬間、
おもっ!
と声が出るくらい重たかった。

でもこれは購入時と同じ状態のバックパック。
調整すると嘘のように軽くなる、とかいう情報を見かけたことがあったので
素人ながらバックパックの紐やらを調節してみると、
ホンとにびっくりするくらい軽くなった。
これほんとに14kg? てくらいだ。

非情に心配していたバックの重さ。
なんとか旅中、耐えれそうです。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-03 16:10 | NZ - NZワーホリ~準備編~

NZ準備編 その14 国際運転免許証

e0041624_14141362.jpg


NZでは車がないと移動が不便らしい。
具体的に使う機会はまだあるかわからないけど、ドライブはしてみたいもんだ。
ドライブ大好きですから!

というわけで、雨の降る中、平針運転免許試験場へ行って
取得してきた。2650円也。

持ち物は
お金¥2650
免許証
5×4の写真
パスポート
印鑑 (受け取り時に使った)  の5点セット。

受け取った用紙に必要事項記入して手渡して、待つこと10分くらいであっけなく頂けた。
平日だったからかな?

YHAの会員証受け取ったときより数倍の嬉しさ^^
あ~~NZでドライブしたいっ。
楽しみだ~。
羊の群れに停められるのがささやかな夢w

免許証、詳しくはこちらへ。
国際運転免許証取得の流れ


――――――――――――――――――

さて、今から第一次パッキング。
必要最小限をまずバックパックに詰めてみて
余裕がありそうだったら、ウィンドブレーカーやらを買い足ししようと思ってる。
さぁどうなることやら。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-02 14:13 | NZ - NZワーホリ~準備編~

NZ準備編 その13 YHA会員証

はいろうかな?入らないどこうかな?とずっと悩んできたのが実は
YHA会員のこと。

2500円払って会員になると、特典として

一年間有効で、各種割引が受けられる
*ニュージーランド国内線の50%割引
*列車トランズ シーニック ユニークの20%割引
*インターシティ バスとニューマンズ バスの15%割引
*レンタカー最大10%までの割引
*バックパッカー バスの5%割引  etc...
(ほかにもイロイロ。詳しくはニュージーランド ユースホステルHPにて。)
などが受けられる。
もちろんユースホステル宿泊費も数ドルお得だ。

現在NZ内のYHAは55箇所。まぁ主要な都市には必ずある、といった感じだろうか。
なかなかキレイ(=外れがない)で、基本的に寝具は完備されているようで、また
バッパーに比べて日本人が多いそうで。

そこそこの旅をするくらいならYHAは非常に使い勝手の高い宿泊方法なようだ。

でも
NZ内でも$30で会員カード発行できるらしいし (日本で発行するのと値段的には同じ、もしくは少し安いくらいだ)
NZ国内に350以上も存在するバッパーの方がやはり泊まる可能性は高いと思われるし

正直 もってても使う機会は少ないかなぁ?
と言うのが正直なところでw
 
でもあるに越したことはないかな、と半ば衝動的に会員になっちゃいました。
せっかく買ったからには、約$30ドル分のディスカウントは達成してやろうと思う!
こう御期待です。

―――――――――――――――
余談ですが、日本国内のYHAのパンフレットももらったけど
意外や意外、かなり日本にもYHAあるし、ディスカウント受けれる施設も多いんですね。
使いようによっては、かなり国内でもお得なカードになりうると思う。
要チェックです、このYHAカード。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2006-02-01 18:37 | NZ - NZワーホリ~準備編~