MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山小屋ゆうびん②〜標高3000mのおコメ研ぎ〜

お久し振りです、ちるじろうは元気で山小屋住いをしてます。

梅雨が開けて気候が安定してから、意識はしてなくてもほぼ毎日日の出と日の入りの色鮮やかな大きな空を眺めてるような気がする。
休憩時間が午前、午後ともに1.5時間ほどあることが多くカメラと飲み物片手に出歩いているんだけど、これがやはり面白い。

彼方まで広がる青空に足下を通る雲。毎日新しい表情を見せる高山の草花と、暖かい岩や砂。岩間でじゃれあうイワヒバリたち..
目に映るのは、大自然に生きているものばかりだ。暖かく時に厳しい山岳地帯にあって、どうして彼らはいつも凜としていられるのだろう、とふと思うことがある。彼らをみていると、生きている、そんな当たり前のことを妙に意識してしまうから不思議だ。

***

話変わって最近、運動不足につき(苦笑)ランニングを始めた。とはいっても山小屋のあるここは稜線上で平坦なコースなどない。近くの分岐点まで登山道をかけ上がり、一息入れてかけ降りている。要はトレイルランニングみたいなものだ。当然登山客はびっくりしているけれど(苦笑)、自分の呼吸がガンガン上がるなか、一歩、いや三歩先までを瞬時に見極めていく緊張感が面白く、なかなかにハマってきている。

****

さて、表題の件。
山小屋アルバイトはどんな生活かというのを、一日の流れを載せる形で紹介したい。
(このブログは、「山小屋アルバイト」の検索で来てる方が多いようですので。)

例えば、今日の流れは..
04:10 起床
04:30 朝食準備
04:50 お客朝食(2回転)。配膳&片付け
06:10 布団たたみ
06:20 スタッフ朝食
07:10 布団続き、トイレや部屋の掃除など
08:00 全員でティータイム
08:45 チームにわけて休憩1.5Hずつ
*休憩班-散歩や読書や昼寝
*仕事班-キッチンにて客に飲み物や軽食
12:00 スタッフ昼飯
13:00 チームにわけて休憩1.5Hずつ。
*仕事班-夕食の仕込み(おコメ研ぎや野菜を切ったりの準備)。
16:40 夕食開始3回転(約100名様分)
18:10 スタッフ夕食
19:10 開放!!夕日を眺めてテントに戻る。
...
標高3000mにて、富士山を遠くに眺めながらタライいっぱいのおコメを研ぐ。これは、なかなか気分がいい。

ではでは。また更新しま-す!
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-07-26 20:17 | 山小屋アルバイト

山小屋ゆうびん①

e0041624_19323373.jpg

ヤマにいる間は更新はできまい(或いは、するまい)、と思っていたけれど、
山小屋の平日ってのは素晴らしく「暇」で(笑)、今後時間がある時はケータイから更新やってこうと思います。

*****

前回更新したときの゛雪かきの日々゛からは開放されて、6月末あたりから週末を中心にぼちぼちお客さんが登って来るようになってます。

小屋の標高3000mなので気温5-15℃前後。天候は雲の上または雲の中。霧がそのまま小雨に変わる梅雨(?)模様。

雷鳥の鳴き声が沢に響き、イワヒバリが小屋のまわりに遊びにやってきては、風に飛ばされてやってきて雪の上でもがく昆虫をついばんでいる。

また、花で有名な山なだけあって、小屋まわりに広がるお花畑はそれはもう見事の一言。1年を通し80種以上見られるそうで、全部見て&覚えてやるつもり。

千丈ヶ岳、甲斐駒、鳳凰三山、遠くに中央アルプス、北アルプス、富士山がみえる。

あぁ、なんてロケーション。これだけで毎日「がんばろう」と思えてしまう。まわりの環境ってやはり大事だ。

とりいそぎ、「こんな生活環境です」くらいに。山小屋バイトについては後日更新します。それでは、また。

写真は、働いてる山小屋。左下の緑のアーミーテントが我が住いです。
[PR]
by Mr-chirujirou | 2010-07-06 19:32 | 山小屋アルバイト