MANUKA

chirujirou.exblog.jp
ブログトップ

山小屋アルバイト、始まってます。

e0041624_21251493.jpg


6月2日、ヘリで3千メートルの稜線へ降り立つ。

目の前にあるべき山小屋は屋根しか見えず、すべてが雪に埋もれたまま。

事前に電話ごしに、
「最初の仕事は小屋を掘り出すことだから」
そう管理人に言われていたけれど。

・・正直、半分くらい冗談かと思ってました(苦笑)

*****

俺はチャリも登山もマラソンもやるし、そのへんのメンズより体力あるつもりでいたけれど

い。。いやぁ、ほかのスタッフのあの無限ともいえるエネルギーは何なのだろう。

毎日ほぼ8時間の雪かきの日々

この野郎、負けてたまるか、妥協してたまるかと周りに負けじとなんとかやっています。

*****

スタッフはみなそれぞれが独自の経歴を持ち、独立心が強く、そして自由だ。一緒にいて面白い。

そしてきつい作業でも、合間に顔をふとあげて、

夕焼けに染まる南アルプスの山々が目に入ると、ごく自然と涙がでてしまう。

9時に消灯し、ヘッドライトで本を読み、5重の毛布をかぶり眠る日々

いやぁ、まとまらないけれど(苦笑) とにかく、負けてられないです。

ようやっと登山口までの登山バスも開通し、お客さんがぞくぞくとやってくる。

雪かきも終わり、また新しい生活が始まる。がんばります。

*****

※1 山小屋バイトをやろうとしてる方へ

山小屋によってまったく状況が異なるのであまり細かく言えませんが
休日は基本的にないですし雨水や沢の状況によっては風呂も入れず、個人の時間も取りにくい。
やはり下界とはまったく違う、どっちかというと男っぽい世界かな?!と感じます。
(きっと、標高が高い小屋ほどそんな状況になってくるのだと思います)
どんな状況も受けれてて楽しめる、境遇はきついほどわくわくする、なんとかなるなる、と思えるタイプの方があってるんじゃないでしょうか。
(ちるじろう個人の感じ方ですので、あくまで参考程度に。)

ちなみに、山小屋アルバイトを探すのはインクノットというHPが便利ですよ。


※2 所用のため、今回特別に一時下山させてもらいました。
小屋にネットがないためブログの更新は11月までたぶんできません。。

では、また!

e0041624_2221574.jpg

[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-06-18 22:02 | 山小屋アルバイト

山小屋アルバイトいってきます

ちょっとお知らせ

明日(6/1)、山梨県甲府市付近に入り
6月から11月まで山小屋業務のお手伝いをやってきます。

休日をもらったところで麓まで片道5-6時間、最寄りの都市である甲府までバスで1Hほどかかるので
よほどでない限り下山できないと思います笑

携帯を解約してプリペイドにしてやる!と思っていたけれど解約料もプリペイド代も思った以上で
さらにどうやら山小屋はケータイOKなので、料金プラン最安のにして引き続き持つことにしました。
連絡はどうぞケータイまで。

ネットはたぶんできないと思います。
よって今のところブログ更新のめどは立ってません;;

ちるじろうの働く山は7-8月がお花畑だそうです。
特に平日なら素晴らしい登山経験ができると思います。
(逆に8月の休日はよくないと思います。山小屋はあふれかえりひとつの布団に3人状態になります。)
山をやる皆様、どうぞいらっしゃってください。


それでは!あいさつ、笑顔、礼儀を忘れずに。楽しもう。
いってきます。
[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-05-31 21:35 | 山小屋アルバイト

屋久島写真(有名どころ)

屋久島は結局2泊3日、30時間ほど縦走という形で歩いてきた。
奥深いところから有名な観光スポットまで一通りシャッターを切ってきたつもりだ。

今回は観光スポットを特別視して巡ることが目的ではなかったから
縄文杉もウィルソン株もどんなスポットも、平等な目線で見ることができたんじゃないかな。
ちるじろう流の写真撮影との付き合いかた、とちょっと思っている。

これはまた別に書きたいけれど、やはり今のままではいい写真が撮れない。
技術的にも、装備的にも。もっと考えながら撮っていかないと。
屋久島は、被写体としては最高の島だろう、またいつかチャレンジしたいな。

①縄文杉・・やはりこれは外せない。樹齢7200年とも2~3千年とも言われる。
e0041624_133095.jpg


②ウィルソン株・・屋久島を調査し世界に紹介した学者の名をもらった株
e0041624_1374050.jpg


③ウィルソン株内部・・空洞になっており人も入れるほど広い。うまくとるとこう写る。小屋で出会った男と二人で見ましたけど何か?
e0041624_1383429.jpg


④夫婦杉・・不思議なことに枝が合体して、手をつないでいるように見える。縄文杉の手前にある。
e0041624_140464.jpg

[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-05-31 01:40 | JP - 写真館

屋久島写真(花、植物、風景)

5月下旬から6月上旬にかけて、屋久島シャクナゲが最盛期を迎える。
観光客がどっと押し寄せるこの時期の登山のことを
屋久島の人は「シャクナゲ登山」と呼んでいるようで、いたるところで耳にした。

ちるじろうは現地で知りました(笑)
あわただしい「シャクナゲ登山」が始まる直前の、しかも初々しいシャクナゲが咲いている
そんなその針に糸を通すような絶好の時期に行けたのは、幸運意外の何物でもない。
おかげで面白い写真が撮れました。

①九州最高峰・宮之浦岳 日の出直前の風景
e0041624_184247.jpg


②永田岳と見ごろを迎えたシャクナゲ
e0041624_19271.jpg


③屋久島シャクナゲ
e0041624_194938.jpg


④生まれたて
e0041624_14613.jpg


⑤苔むした小川
e0041624_1102019.jpg

[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-05-31 01:10 | JP - 写真館

屋久島写真(いきもの)

屋久シカと屋久ザルという屋久島にしかいない哺乳類がいる。
彼らに会えたらいいなーと期待していたけど。。。

・・いすぎだ(笑)

本土の者より一回り小さく、そして逃げない。
彼らとの遭遇は面白かったな。

①シカのいる風景
e0041624_0485962.jpg


②霧のなかで出会う
e0041624_0492619.jpg


③角も"屋久島サイズ"
e0041624_050143.jpg


④ばったり出くわした赤ちゃん連れ
e0041624_051720.jpg

[PR]
# by Mr-chirujirou | 2010-05-31 00:51 | JP - 写真館